やまゆり住宅コンサルティングシステム(購入編)

住宅探しの煩わしい手間はお任せ下さい。理想の住宅を、楽しく楽に手に入れましょう。
ご多忙なあなたに代わり、膨大な物件情報の中から、あなたのご希望やイメージに合った住宅を厳選してご紹介します。
気になる物件については、詳細な住宅調査レポートを無料でご提供。ご希望とのマッチング状況もお示しします。⇒ 住宅調査レポートのサンプルを見る ※問合せフォームへ
ご相談はすべて無料。あなたの住宅コンサルタントまで、お気軽にお問合せ下さい。

仲介手数料&住宅安心保証

●仲介手数料の上限額は、1住戸の購入につき120万円(税別)です。
  売買価格×3%+6万円(一般的な仲介手数料)が120万円を超える場合は、一律120万円となります。
  4,000万円以上の物件では、一般的な仲介料より割安になります。
●買替えで売却と新規購入をいずれもご成約いただいた場合は、仲介手数料の総額の10%を割引きます。
upperyellow3
●弊社が仲介する売却物件には一定期間内の欠陥(瑕疵)保証を付保します。
●詳しくはお問い合わせ下さい。
 ※他の宅建業者さまと、すでに購入手続中の物件については、弊社で媒介を承ることができません。

住宅購入の流れ

STEP1

 購入したい住宅への思いやイメージを、専用フォームにてお送り下さい。
 ⇒ 住宅購入を考える時のポイントを読む(購入検討フォームの記入前にぜひお読み下さい)
 ⇒ 住宅購入検討フォームを記入する
arrowlightgreen

STEP2

 あなたのご希望に沿った物件を、宅建業者間のネットワークシステムなど大量のデータから厳選し、候補
 として随時ご紹介します。
arrow2

STEP3

 気になる物件があれば、弊社があなたに代わって現地調査を行い、詳細なオリジナルの住宅調査レポートを
 ご提供します。
 ⇒ 住宅調査レポートのサンプルを見る ※問合せフォームへ
arrowlightgreen

STEP4

 購入を検討したい物件については、あなた自身に現地をご見学いただきます。
car横浜市・川崎市及びその近郊のエリアは、送迎サービスをご用意しています。
ぜひご家族の皆さまご一緒に、現地をご見学下さい。
arrowlightgreen

STEP5

 購入の意志が固まりましたら、弊社と購入に関する媒介契約をご締結いただきます。
arrowlightgreen

STEP6

 売主さまと価格や引渡し時期などを協議のうえ、売買契約を締結いただきます。
 手付金を納めると同時に、住宅ローンの借入手続など資金の準備をご対応いただきます。
arrowlightgreen

STEP7

 売買代金を精算し、物件の引渡しを受けます。
 取引完了をもって、弊社には所定の仲介手数料をお支払いただきます。

読みもの

◇中古住宅市場の今
  昨今のアベノミクスや日銀による金融政策は、住宅市場にも大きな影響を及ぼしていると…続きを読む
◇中古住宅購入のメリット
  新築の住宅が一般的に完成前に販売されるのに対して、中古住宅は確実に実物があります…続きを読む
◇物件の調査・・言うは易し
  中古住宅を購入するなら、事前の十分な調査を手間を惜しまずに行うべきと掲載しましたが…続きを読む
◇仲介手数料について
  不動産売買の仲介手数料は、物件を問わず宅建業法に定める上限の「売買価格×3%+6万円…続きを読む
◇アフターケア
  仲介業者としての立場から言えば、自社が関わる住宅の売買契約を成立させ、お客さまから…続きを読む

中古住宅市場の今

昨今のアベノミクスや日銀の金融政策は、住宅市場にも大きな影響を及ぼしていると言われます。
一つは新築物件の価格上昇です。景気の回復基調や震災復興を含む公共工事の大量発注により、工事代や一部のエリアで土地代が上昇していることが主な要因ですが、国内事情に加え、円安に伴って海外投資家が日本の住宅を積極的に購入していることも、価格上昇につながっています。
デベロッパーは、販売価格へのコストの上乗せや、1戸あたりの面積を小型化して価格を抑制する工夫などを進めていますが、販売ペースが落ちる懸念を抱いているようです。そのため、新規の供給量を調整し、販売物件を都心の人気立地に絞り込むような対応が見られます。
usedimage01他方で、日銀の「異次元の量的緩和」により、住宅ローン金利は史上最低水準まで低下しています。2015年2月時点で、メガバンクの10年固定金利は1.1%、変動金利ならゼロパーセント代と、一昔前なら考えられない水準となっています。ローンで住宅を購入される方にとっては、利息の負担が軽い分だけ購入可能な住宅の上限価格が大幅にアップしており、強力な追い風と言えるでしょう。
このような環境の中で、優良な中古住宅については需要が増加する傾向にあり、売出し物件が減少すると同時に、売買価格は上昇しています。データによれば、2014年に取引された首都圏の中古マンションの価格は、前年比較で2.1%上昇したようです。
中古住宅において注目されている別の視点は、原則として売買が個人間の取引となるため、消費税が課税されないことです。(売主が不動産業者である場合と仲介手数料には課税されます。)消費税率の10%への引上げは、2017年4月まで延期となりましたが、建物に課税される新築住宅(土地は非課税)と、課税対象にならない中古住宅とでは、構造的に価格差が生じる状況になっています。
新築物件の供給減少、住宅ローン金利の低下、消費税課税の差異などから、立地や建物のグレードが高評価の中古住宅は、新築に対して十分な優位性を保っている状況にあります。ただし、市場での物件選別の目は非常に厳しく、すべての中古住宅が高値で取引されている訳ではありません。そこには人口減少という、マクロ経済の巨大リスクが潜んでいることを、忘れてはならないでしょう。
逆に言えば、探し方によっては、価格その他の条件が有利な中古住宅は決して少なくありません。弊社ではあなたのご希望に沿った住宅の情報を厳しく選定のうえ、提案させていただきます。
image01ところで、日本の住宅取引に占める中古住宅の割合は、わずか14%しかありません。欧米では住宅市場の90%程度を中古が占める国も多く、極めて低い水準です。これは、日本の戸建住宅が伝統的に木造建築だったため、古くなった建物は建替えるものという考え方が一般化していることが要因ですが、昨今ではマンションも戸建住宅も、著しい高性能化が進み、耐用年数も長期化しています。
人口減少が更に加速する予測の中で、実は、国内における住宅の総戸数はすでに飽和状態に達しています。新たに住宅を開発すると、既存住宅の空き家が増化するという厳しい実情を踏まえ、国レベルの住宅行政では、新築重視から既存ストックの活用重視に転換する動きが始まっています。近い将来、日本でも、住宅取引の中心が中古市場に移行していくのかもしれません。

中古住宅購入のメリット

新築の住宅が一般的に完成前に販売されるのに対して、中古住宅は確実に実物があります。新築の場合、モデルルームやパンフレットを見て実物をイメージする必要がありますが、中古物件なら、実物を直接確認すれば済む話です。実は、中古住宅の最大のメリットがここにあります。
当たり前だと言われるかもしれません。ただ、これには、ハードとしての物件の姿だけでなく、管理の状況や、既成コミュニティーの状況、部屋からの眺望、日照、実際の通勤通学の利便性、近隣の生活環境の実態など、入居してみて初めてわかる情報のすべてを含みます。
image02例えばマンションの場合、「最寄駅まで徒歩7分」という広告表示には、自宅から敷地を出るまでの時間(エレベーターの待ち時間を含む)、信号の待ちの時間、坂道や歩道橋、駅の敷地に入ってからホームまでの所要時間は含まれていません。宅建業法における「交通」の表示では、駅までの所要時間は、自宅の敷地を出てから駅敷地に入るまでの地図上の距離を、分速80mとして画一的に計算することになっているからです。
また、高層階の部屋なのに前面に別の建物が立ちはだかり、眺望の障害になるばかりか、外からの目線が気になって常時カーテンをする必要があったり、充実した共用施設が魅力の物件にも関わらず、管理や運用をめぐるトラブルで予定通りに利用できていない事例なども見られます。住宅が公園や学校に隣接していることは一見好印象ですが、むしろ騒音の発信源になってしまうことも、しばしば指摘されるところです。
住宅の購入に際しては、このような実際の生活に影響を与えるポイントを十分に調査のうえ、慎重に決定することが重要です。なぜなら、このようなポイントは、あなたとご家族の新しい生活の満足度ばかりでなく、将来その住宅を売却される際の資産価値にも影響を及ぼすからです。
住宅は大変高額な買い物です。購入する機会は、普通なら人生で2~3回程度でしょう。それにも関わらず調査の手間を省略したり、安易に妥協して購入すると「こんなはずではなかった」と、とても後悔することになります。
usedimage02一方で、中古住宅を選択する場合のデメリットも理解しておく必要があるでしょう。
経済的なデメリットで大きいものは、住宅ローン減税の設定額が小さいことです。住宅ローンを借り入れて居住用の住宅を購入する場合、新築住宅(認定長期優良住宅以外)では、最大で40万円×10年=400万円が所得税・住民税から控除されますが、中古住宅の場合は、その半分の20万円×10年=200万円が最大控除額となります。これは、消費税率の10%への引上げを念頭に、建物に消費税が課される新築住宅の販売低迷を懸念した、国の政策によるものです。(ローン減税は、2019年6月までに住宅を購入し入居した場合に適用されます。)
また、いくら立地や他の条件が優れていても、築年数があまりに古い物件は建物の評価が低く、住宅ローンの審査が通らないリスクがあります。特に、現在の耐震基準が適用される以前の建物(1981年以前に着工)は、今後の財産上のリスクも勘案し、弊社では十分な耐震性能の確認が取れていない限り購入をお勧めしていません。
中古住宅を購入した場合は、既成のコミュニティーに参加させてもらう必要があります。マンションの管理組合は法律により強制加入ですし、町内会や自治会も実質的に加入が必須のことが多い一方で、途中からでは団体に馴染みにくい場合や、わずらわしさを感じる場合も想定されます。奥さまやお子さま関係のコミュニティーへの新たな参加についても同様です。
ただし、近隣コミュニティーとの関わり方については、新築ならトラブルの懸念がまったくないという訳ではありません。あなたにとって、適切なご近所付合いやコミュニティーへの参加は、どのような居住先を選択してもある程度は必要ですし、様々なメリットをもたらします。一概に面倒と思わず、前向きな活用を考えることがとても大切です。

物件の調査・・言うは易し

中古住宅を購入するなら、事前の十分な調査を手間を惜しまずに行うべきと掲載しましたが、実際にこれを自力で漏れなく実施するには、相当な労力と時間を要することを覚悟しなければなりません。
そもそも、購入の候補となりうる物件を絞り込む段階で、迷宮に陥る方も多いようです。昨今はインターネットを検索すれば、いつでも膨大な情報を取得することが可能ですが、軸足を定めないで大量の情報に接しているうちに、自分の中のイメージがかえって混乱するという経験は、多くの方がお持ちではないでしょうか?
image03本来なら、恐らく人生において最も高額な買い物をする訳ですから、住宅探しは楽しくなければなりません。それが苦痛となり、なかば義務感でやっているようでは、理想の物件にたどり着く前に拙速な決断をしてしまうリスクが高くなってしまいます。
特に、アッパークラスの住宅購入を検討される多くの方は、ビジネスの第一線でのご活躍や充実したプライベートで、ご多忙を極めていらっしゃいます。住宅探しは実生活における大きなテーマではあっても、実際に莫大な時間や貴重な休日をつぎ込むには、限界があるのではないでしょうか?しかも、時間を割いて現地見学に行ったのに、実物が事前のイメージとかけ離れた物件だった時は、徒労感や腹立たしい気持ちさえ抱くかもしれませんね。
このような住宅探しの煩わしい手間を軽減し、もっと楽しく合理的に、希望の物件にたどり着く方法はないのでしょうか?その答えの一つが、やまゆり住宅コンサルティングシステムの利用です。
住宅探しのポイントの一つは、探し始める前に、あなたやご家族が拘りたいことの優先順位を、包括的に整理することです。弊社では、最初の段階であなたの住宅に対するご希望や思いをしっかりお聞きし、候補物件の選択や現地調査をすべて代行いたします。あなたは絞り込まれた候補物件についての詳細な調査レポートをご覧のうえ、気になる物件だけを見学して下さい。
また、ご自身で物件の探索を行うと、先入観や特定のイメージが前提となり、探索範囲がどうしても固定化される傾向になってしまします。ワードローブの中に似たような服が多くなるのと、同じ状況と言えるでしょう。最終的にご自身で探された物件を選択するにせよ、他人の目線を利用することで、同じ希望や好みに対して、異なる物件が候補にリストアップされる可能性が広がります。
弊社では、あなたが理想とする住宅を楽しく楽に手に入れることができますよう、全力でサポートさせていただきます。
横浜市・川崎市とその周辺エリア内は、現地までの無料送迎にも対応しておりますので、ご家族の皆さまと、レジャー気分で足を運ばれてはいかがでしょうか?お気軽にご用命下さい。

住宅調査レポートのサンプルを見る ※問合せフォームへ
住宅購入検討フォームを記入する

仲介手数料について

不動産売買の仲介手数料は、物件を問わず宅建業法に定める上限の「売買価格×3%+6万円(税別)」に設定されることが一般的であるため、売買価格が高額になるほど、仲介手数料も比例して上昇する仕組みとなっています。
(物件価格が400万円以下の場合は別の計算式が適用されます。)
これに対して弊社では、一定水準以上の住宅の売買仲介においては、業務上必要となるコストやリスクの負担は、売買価格に必ずしも比例するものではないと考えています。
弊社では、取扱物件の選定や業務全般の効率化によって、仲介手数料の上限額を1住戸の売買につき120万円(税別)と設定していますので、売買価格×3%+6万円による計算が120万円以上の場合は、仲介手数料の軽減が可能となります。
下記の計算例のように、売買価格が4,000万円の物件で、一般的な仲介手数料は126万円(税別)となりますので、これ以上の価格の売買であれば、高額になるほど、あなたの費用負担が軽減されるメリットがあります。
もちろん、弊社のサービスは「安かろう悪かろう」とは一線を画しています。独自のやまゆり住宅コンサルティングシステムによって、お客さまの総合的なメリットを最大化することを目標に日々営業しておりますので、どうぞご安心いただきご用命下さい。

住宅の購入価格 一般的な仲介料 弊社の仲介料 メリット
3,500万円 111万円 111万円
4,000万円 126万円 120万円 6万円
5,000万円 156万円 120万円 36万円
6,000万円 186万円 120万円 66万円

更に、買換えで住宅の売却と新規購入をいずれも弊社でご成約いただいた場合は、売却と購入に関わる仲介手数料の総額から10%を割引かせていただく制度をご用意しています。
詳しくは、お気軽にお問合せ下さい。
住宅購入検討フォームを記入する

 ※他の宅建業者さまとすでに購入手続中の物件については、弊社で媒介を承ることができません。

アフターケア

仲介業者としての立場から言えば、自社が関わる住宅の売買契約を成立させ、お客さまから仲介手数料を頂戴することが、一連の業務上のゴールになります。しかし、住宅を購入さるお客さまにとっても、売買契約がゴールでしょうか?
弊社では、住宅を購入される方にとって売買契約の締結は、新しい生活を始めるスタートになると考えています。住宅には、自動車の車検のような定期的にディーラーとお客さまが接する仕組みはありませんが、法律に基づく品質確保期間や瑕疵担保期間満了時の状況確認、設備や器具の更新、使い勝手の改善、間取りの変更、更に一時的に賃貸に出したい場合や買換えなど、様々な時点で発生する「困った」をお気軽にご相談いただける住宅コンサルタントとして、いつでも弊社をご利用下さい。
また、マンションにお住まいの場合なら、大規模修繕工事を実施する時期にたまたま管理組合の理事に就任したり、修繕委員会のメンバーに選出される可能性も、ない訳ではありません。弊社ではマンション管理に関するコンサルティングも承っておりますが、初期段階のご相談は無料で対応させていただきます。
あなたが新しい生活をスタートするのと同様に、弊社にとっても、売買契約の成立がお客さまとの末永いお付合いのスタートになることを、心から願っています。