住宅購入を考える時のポイント

・新しい住宅や生活のイメージは固まっていますか?弊社の「住宅購入100項目診断」を活用
 して、あなたの希望を具体的な形にしてみましょう。
・人と同様に、住宅にもそれぞれの物件に個性があります。
 100点満点でマイナス点がない住宅はありませんが、あなたが何を重視し優先するかによって
 採点は変わってきます。
・「にぎやか・うるさい」「閑静・寂しい」は同じ状況に対する感じ方の違いです。住宅購入に
 際しては、あなた自身の感性だけでなく、ご家族の意見や思いを汲み取ることも大切です。
・一般的に、高層マンションで眺望がいいのは北向きの部屋です。これと日当たりのいい南向
 きを同時に実現することは困難です。このように、いずれを優先するか選択すべき項目は、
 住宅探しにおいて意外に多いものです。

  ⇒ 住宅購入検討フォームを記入する

読みもの

◇もっといい家に住みたい
  あなたは今どのような住宅にお住まいでしょうか?このページをご覧になっているあなたは…続きを読む
◇予算の設定はすべてに優先
  住宅を購入される際の最大の制約事項は、多くの方にとってはやはり予算の上限です。…続きを読む
◇考えるポイントの具体例
  (1)駅から近くて静かな住宅に住みたい…続きを読む
◇住宅コンサルティングシステムのご案内
  弊社では、あなたが新しい住宅に求める優先事項を整理できるよう、「住宅購入検討…続きを読む

もっといい家に住みたい

あなたは今どのような住宅にお住まいでしょうか?
このページをご覧になっているあなたは、何らかの事情で現在の住宅を離れる可能性があり、新たな棲家をお探しになっていることと存じます。その理由は、現在の住宅に対する不満でしょうか?ご家族の変化でしょうか?或いはご自身のお仕事やお子様の学校の都合でしょうか?
pointimg01どのような事情にせよ、人生で多くても2~3回の高価な買い物を検討されるのですから、きっと今よりいい家で上質な生活を送ることをイメージされていることでしょう。そんなあなたの思いを、弊社は全力でサポートさせていただきます。
ところで、「今よりいい家」とは、具体的にはどのようなものでしょうか?より広く、より新しく、日当りが良く開放的な眺望に恵まれ、ターミナル駅直結で通勤や通学にとても便利、買物や食事が楽しいお洒落な店がたくさんあり、閑静で、緑豊かな美しい公園に囲まれて・・こんな住宅が、しかもリーズナブルに入手できれば理想的かもしれません。
ただ、残念ながら神奈川・東京エリアでこのような物件を探し出すことは、現実的とは言えません。決してあなたの夢を壊す訳ではありませんが、あなたが新しい生活で譲れないことや必ず実現したいことは何か、最初の段階でご自身のお考えを整理しておくことが、楽しい住宅探しの第一歩と言えるでしょう。
弊社の「住宅購入100項目診断」は、一見して設問の多さに驚かれるかもしれませんが、この段階である程度イメージを固めておくことが、この先の無駄な時間や労力を劇的に減らすことにつながります。是非トライしてみて下さい。

予算の設定はすべてに優先

住宅を購入される際の最大の制約事項は、多くの方にとってはやはり予算の上限です。
どんなに素晴らしく理想的な住宅を手に入れても、ローンの返済が過大になれば、生活のゆとりがなくなってしまいます。そもそも、収入とローン申込額のバランスが悪い場合、金融機関の審査が通らず、住宅探しが振り出しに戻ってしまうかもしれません。
pointimg02一般的に、ローンの年間返済額は、世帯年収の20%以下に抑えるべきと言われています。昨今は住宅ローン金利が史上最低水準にあり、より高額な物件を購入することが可能ですが、長期に及ぶローンの返済は、家計のリスク要素と認識しておく必要があります。更に住宅を所有すれば、固定資産税や管理費(マンションの場合)などの固定費を要することも、念頭に入れておかなければなりません。
弊社の「住宅購入100項目診断」の先頭に、簡便なローン返済シミュレーションをご用意していますので、年収に対するローン返済比率をご確認下さい。
ところで、住宅を含む不動産の特性として、世界に同じものは二つとないことが挙げられます。例えば、同じマンション内の同じ間取りの部屋でも、位置によって日照や眺望、静かさなどが大きく異なり、結果としてこれらの要素がすべて価格に反映されます。戸建住宅でも、わずかな立地条件の差が価格の差異に影響することが少なくありません。
繰返しとなりますが、ポイントは現実的な予算の範囲内で、あなたが住宅に求める優先事項を整理しておくことです。拘りを持つべき事項と譲れる事項を賢く選別することが、楽しく前向きな住宅探しにつながります。

考えるポイントの具体例

(1)駅から近くて静かな住宅に住みたい
・大きくて便利な駅を選択すると、そもそも該当する物件が存在しないかもしれません。
      ・やや郊外や、各駅停車しか停まらない小さめの駅を選定すると、可能性が広がります。
(2)通勤・通学時間をできるだけ短縮したい
  ・目的地にもよりますが、東京であれば都心から様々な方向に鉄道が伸びています。同じ予算の場合、
   一般的には南より北、西より東の方が物件価格が割安であり、より都心に近いエリアで購入できる
   可能性が高くなります。
  ・特定の居住地域に拘りがなければ、目的地から同心円を描いて、各方向の物件を検討してみる価値は
   あります。選択肢は格段に広がります。pointimg033
(3)ステイタスのある町に住みたい
  ・高級住宅街として認知される町は、しばしば生活物価水準
   も高かったり、公共交通機関が行き届いていない場合があ
   ります。
  ・景観上の観点から、例えば自由な増改築やベランダでの布
   団干しが制約されるようなエリアもあります。事前によく
   確認することが必要です。
(4)開放的で伸び伸びできる住宅に住みたい
  ・広めの敷地で庭付きの戸建住宅がイメージされますが、ルーフバルコニーや専用庭があるマンション
   の部屋も候補になります。
  ・専用庭付きの部屋は1階のため、お子様がいる場合は、階下への騒音などを気にせず生活することが
   できます。
(5)眺望が良いマンションに住みたい
  ・一般的に、眺望が美しいのは北方向の景色です。(南方向は逆光となります。)また、眺望に収めた
   い特定のものがある場合は、部屋の方位は一旦無視してよいでしょう。
  ・眺望の状況は、障害物の有無以外を写真や言葉でリアルに説明することが困難です。実際に現地に足
   を運んで、目で確かめましょう。
(6)資産価値を維持したい
  ・不動産の価格は経済変動に大きく影響されるため将来的な保証はできませんが、需要が旺盛な都心
   立地の物件ほど、価格は下がりにくいと言われます。
  ・人口減少や高齢化が進むことから、今後は郊外から都心への人口移転が更に進むと予想されます。一
   般論として、中心部から遠く離れた立地の住宅は、需要が収縮し価格も軟調になる可能性があります。
(7)高利回りで賃貸に出したい
  ・住宅の売買と賃貸では、需給市場が異なります。購入価格と賃貸時の賃料水準は必ずしも比例せず、
   一般的には、高額物件ほど運用利回りは低くなります。
  ・住宅を賃貸に出すことを想定するなら、賃料水準もさることながら、賃貸需要が将来的にも底堅い
   エリアでの購入をお勧めします。

住宅コンサルティングシステムのご案内

弊社では、あなたが新しい住宅に求める優先事項を整理できるよう、住宅購入検討フォームをご用意しています。
ここにある「住宅購入100項目診断」は、一見して設問の多さに驚かれるかもしれませんが、このフォームを記入されることで、住宅購入に対するご自身の思いやイメージが、輪郭を持った具体的なものになって行くことでしょう。
弊社にご用命いただければ、膨大な物件情報の中からあなたの希望にマッチする候補を選定し、ご提案させていただきます。
更に、ご提案の中にあなたが気になる物件があれば、弊社にて現地調査を行い様々な角度から作成したオリジナルの住宅調査レポートをご提供します。これによって、一般的な不動産売買の表示では判りにくい実際の状況や、あなたのご希望との合致状況をご理解いただけるものと存じます。
弊社での住宅ご購入においては、売買時の仲介手数料以外は無料です。お気軽に住宅コンサルティングシステムをご活用いただき、あなたのベストな住宅購入を実現させて下さい。

住宅購入検討フォームを記入する