あの相鉄が渋谷へ新宿へ目黒へ もうすぐ直行!

相模鉄道の大いなる戦略がいよいよ

神奈川県民なら馴染みのある相模鉄道(相鉄・そうてつ)。

横浜駅西口に古くから広大な土地を持ち、海老名や藤沢の湘南台から横浜までの鉄道路線を持っていますが、神奈川県内だけでの事業のため、実は他の都県での知名度はあまり高くありません。(鉄道ファンは別にして。)

一世を風靡した緑園都市の大規模開発や二俣川駅の再開発など、沿線に良好な住宅地を抱えている一方、どんなに頑張っても電車の終点は横浜駅。東京方面に行くには、JRや小田急への乗り換えが必要でした。

 

近い将来、その相鉄が大きく変わろうとしています。

沿線にお住まいの方ならご存知かと思いますが、現在、西谷駅で横浜駅へ行く既存の路線から分岐して、新路線を着々と工事中。その新線路は、更に分岐してJR横須賀線(湘南新宿ライン)と東急目黒線(東京メトロ南北線など)に直通し、なんと、渋谷駅・新宿駅や目黒駅などへ、ダイレクトに行くことができるようになるのです。

これまで、例えば旭区の中心である二俣川駅で上り電車を待っていると、種別に関わらず、すべての電車が横浜行きでした。これが近い将来、東京方面の様々な駅や、さらにその先まで直通する電車がたくさん登場することになります。

神奈川県内で完結していた相鉄の事業領域が東京方面に一気に拡大する日が、間もなく現実のものに。

相鉄にとっては、会社史上最大の事業戦略ではないでしょうか。

気になる不動産価格への効果は?

現在の予定では、西谷駅から分岐した新路線が新駅の「羽沢横浜国大」を通ってJR横須賀線に接続されるのが2019年11月末。つまり、開通まで3ヶ月を切りました。

一方、東急目黒線への乗り入れは、少し遅れて2022年度の予定ですが、こちらの新路線には、途中の新横浜にも新しい駅ができます。これまで、相鉄沿線の方が新幹線に乗るためには横浜駅に出てJRか地下鉄に乗り換えるしかありませんでしたが、この路線ができると、新横浜駅までのアプローチが嘘のように短縮されることになります。

交通ネットワークの充実としてはかなり魅力的です。

このような鉄道の開発を見越してか、二俣川駅に隣接する最新のタワーマンションは、従来の周辺相場のはるか上を行く価格で売り出されました。今後、新路線を使えるメリットを享受する西谷駅から西側のエリアは、新築マンションの供給などを契機として、相場が上がる可能性があると思います。

また、見逃せないのが、前述の新横浜駅の周辺です。

これまでも、新幹線停車駅として横浜の副都心に位置付けられていましたが、正直なところぱっとしないイメージがありました。それは、新幹線以外の鉄道路線が東京の都心につながっていないことが、一因だったと思います。

ところが、あと2年くらいで、東急目黒線に繋がる新路線が開業します。目黒線は東京メトロ南北線と都営三田線に直通していますので、東京に通勤する方の住宅需要が高まることは確実でしょう。

居住人口が増えれば生活利便施設も増え、町の活性化につながります。そのような好循環になれば、不動産価格としては上昇していく可能性が期待できます。

居住用・投資用に関わらず、不動産の購入を検討されているなら、今ならまだまだリーズナブルなこの新路線の沿線も検討されてみてはいかがでしょうか?数年後に化けることが期待できそうなエリアです。

詳細は、ぜひ横浜マンション流通プラザ(やまゆりエステート)までご相談ください。