そもそも仲介手数料って何?

中古車を売る時の手続は?

皆さんは、乗っていたマイカーを売ったことがありますでしょうか?
たぶん、現在車をお持ちの多くの方は、これまでに1回2回は買い替えをされた経験があると思います。
ところで、手放すことになった車は、誰に売ってどのように代金が精算されたか、正しくご記憶ですか?
中にはネットオークションを利用して個人間で売買したという方もいるかもしれませんが、大多数の方は、新車を購入したメーカー系列の販売店に下取りという形で引渡したか、中古車専門店に持込んだのではないでしょうか?
従って、車の売却先(=買主)は自動車業者ということになり、代金は買主である業者から直接支払われたはずです。
では、あなたの車を買取った自動車業者は、その車をどうするのか?
もちろん、整備したうえで中古車として販売します。当然、相応の利益を乗せた価格を付けて。
中古車ディーラーは、簡単に言うと、車を売りたい人から商品として車を仕入れ、車を購入したい人に利益を乗せた価格でその商品を売ること(転売)で成立している、商店のようなものです。
もちろん、そこにはノウハウが必要で、その中古車が売れる価格を予測し、そこから必要な利益や経費を差引いた結果、いくらで仕入れれば合うのか、緻密に計算されています。
車を買取る時点では誰が購入するか決まっている訳ではありませんので、下手をすると長期在庫になってしまったり、差損が出てしまうリスクも負っていると言えます。

不動産の売却は車と違う?同じ?

一般的に、個人で売買する際の大きなものと言えば、自動車と不動産(家)が思い浮かびます。
不動産を売却する際には不動産屋に「仲介料」を支払う必要があるということは、多くの方が何となく認識されているところかと思います。
ところが、上記の車の売却には、仲介とか仲介手数料という言葉は一度も出てきません。
この2つ、何が違うのでしょうか?
実は、不動産でも自動車でも、売却する際に業者が関与しなければならないというルールは、一切存在しません。
上述したネットオークションなどを使って、個人間で売買しても何ら問題ないことは、まず申し上げておきます。
ただ、売主も買主も不動産や車に精通しているなら別ですが、故障のトラブルや不具合の懸念、さらに価格が妥当なのか分からないなどの理由により、専門業者を使うことが多いというだけです。
その延長でのお話となりますが、不動産の売却方法も、特定の方法が定められている訳ではありません。
業者が関わる場合の売却方法は、大きく次の2つがあります。

1.仲 介
売却のご意向を承った不動産業者は、その不動産を購入したい人を探します。
購入したい人が見つかったら、本人どうしで直接売買していだくため、不動産業者は売主にも買主にもなりません。
売買が成立した際には、不動産業者は成功報酬としての仲介手数料を受領することになります。
2.買 取
不動産業者が商品の仕入として不動産を購入します。つまり、買主になります。
この場合は仲介ではありませんので、仲介手数料は必要ありません。
購入した不動産業者は、利益を乗せた価格を付けてその不動産を商品として転売します。

不動産売買の場合、件数が多いのは圧倒的に仲介です。
買取は、上記の自動車の場合とまったく同じ仕組みですが、そのまま転売する場合もあれば、売却しやすいように工夫してから転売する場合もあります。

仲介手数料は悪か?

不動産売却の手法として仲介と買取を比べると、仲介は手数料が掛かるのに買取は手数料が不要だから、買取の方がいい!
という判断はあまりに早合点です。
仲介でも買取でも売却価格が同じということなら、確かに手数料不要の方がお得に決まっていますが、そうはいきません。
買取の場合、不動産業者にしてみると転売が目的ですから、長期在庫や差損物件にならないよう、また十分な利益が確保できるよう、買取額はできるだけ安い方がありがたいのです。
一方で仲介の場合は、不動産会社は売買当事者ではありませんので、売却価格を意図的に下げる必要はありません。逆に、手数料収入を得るために、とにかく売買の成立を目指して頑張ります。
従って、買取の場合の価格は、仲介に比べて2~3割(以上)安くなってしまう傾向があります。
仲介手数料のご負担を加味しても、手取額としては買取よりも仲介の方が多く残ります。
(もちろん、買取がダメということではなく、メリットもあります。)

以上、不動産売買においては、仲介手数料というものは売買促進のための合理的な制度である・・
と言いたいところですが、だからと言って一般的な手数料額はあまりに高すぎると思います。
1億円の不動産の取引に要する一派的な仲介料はなんと306万円+税となり、これを売主・買主の双方が支払わなければなりません。
仲介という業務に対して、こんなに高額をいただく必要があるのでしょうか?というのが、当店の考え方です。
不動産仲介の手数料は大幅な節約が可能ですので、詳細は当店までお気軽にご相談ください。
お時間をいただければ、ゆっくりご説明させていただきます!