マンションの「売却」に特化している専門の不動産店

両手仲介という不動産業界の悪癖

両手仲介という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
1つの不動産店が、特定の不動産物件の売主・買主の双方からの仲介を受けることを言います。
不動産店は、仲介で売買が成立した場合、売主と買主のいずれからも仲介手数料をいただくことができますので、この両手仲介の場合、1つの不動産店が両方を収受することになります。
両手仲介は、不動産店にとって一度の取引で手数料収入が2倍になるため、とてもメリットが大きく魅力的です。
それに対して、お客さまの立場からは百害あって一利なしと、本末転倒と言わざるを得ない事態になってしまいます。

売主と買主は、通常は利益相反の関係になります。
当然ですが、売主は少しでも高く売りたいし、買主は少しでも安く買いたい。
また、もし不具合が見つかった時に、どちらがその費用を負担するのか。
契約書や重要事項に書かれていないことのトラブルなどなど。
不動産店は仲介を引き受けて売主。買主の代理人となりますが、同時に双方の代理人になれば、自己矛盾が生じます。
従って、欧米では不動産店の両手仲介を禁止する法律があるほどです。
(日本では法律による規制はされていません。)

不動産店をやっていると、結果的にこのような状態になってしまうことがない訳ではありません。
ただ悪質なのは、意図的に両手仲介を狙って売却情報を同業他社に出し惜しみする店で、このような業者は、規模の大小を問わず相変わらず多いようです。
その結果、購入を希望する方が情報不足で購入できず(逆に希望していない物件を押付けられることも)、売主側も希望価格で売れないという、とても不幸な状態を招いてします。

売却を専門とする不動産店なら安心です

残念ながら、お客さまの立場から、不動産業者が実は両手仲介を狙っているかどうかを見極めるのは、非常に難しいです。
怪しいなと思っても、売れない理由はいくつでも並べられますし、外形だけはちゃんとやっているように装うこともできてしまいます。
では、このような「外れ」の不動産店を選ばないためには、どうすればいいのでしょうか?
分かりやすい判断材料は、
マンションのご売却なら、売主側の立場で売却しか扱わない店に依頼すること。
マンションのご購入なら、買主向けの営業に注力して幅広い物件を扱っている業者に依頼すること。
(特定の物件だけを妙に強く勧めてこないこと。)
ではないでしょうか。

横浜マンションプラザは、マンション売却専門の不動産店なので、買主を自ら獲得するための過剰な宣伝活動はいたしません。
その代わり、買主への営業が得意な会社が、購入検討のお客様に上手にアプローチできるよう、支援や情報提供を行ないます。
同業他社を買主側仲介を担当するパートナーにして「共同仲介」を実現することで、持ちつ持たれつの関係を築いています。
売却仲介をご用命いただいた1社だけで宣伝をするよりも、数多い同業他社からのお客さま紹介を推進した方が、より早くたくさんの買主候補を集めるられる仕組みを、ご理解いただけたでしょうか?

尚、当社は小規模事業者なので売主さま側だけに特化していますが、規模の大きい会社の中には売却仲介と購入仲介を完全に分離して、利益相反が生じないように管理体制を整えているところもあるようです。
素晴らしいことだと思います!
日本でも長年の不動産仲介業の慣習が、少しずつ是正されていくのかもしれません。