当店はマンションオーナーだけの味方です

マンションオーナーの立場で活動する不動産店

当店は、マンションオーナーの立場で、売買なら売る側だけ、賃貸借なら貸す側だけに特化して、マンション取引を承っている、専門性の高い不動産店です。

世の中の不動産店のほとんどは、不動産の売買なら売主と買主、賃貸借なら貸主と借主、いずれの立場でも何ら躊躇なく取引に参画します。
これが必ずしも悪いという訳ではありませんが、よくよく考えてみると、ちょっと不安に感じることがあります。
例えば売買の場合、売主は少しでも高く売りたいと思い、買主は少しでも安く買いたいと思う。
当たり前ですが、立場は真逆です。
ところが、ある不動産店がその両者から仲介を承って、特定の物件の売買を成立させようとしたら、どうでしょうか。
理屈でいうと、不動産店自身が「利益相反」の状態を、自ら抱え込んでしまうことになります。
これは、程度差こそあれ、賃貸借でも同じことが言えます。
もちろん、多くの良心的な不動産店は、売却のお客様と購入のお客さまを区分し、ごった煮にしません。
たまたま1つの物件で売主と買主の双方から仲介を受けた場合でも、不正や非道徳的な取扱いに走ることなく、いい塩梅にコーディネートしようと努力します。
ただ問題は、世の中はそのような良心的な不動産店ばかりではなく、困った不動産店もあるという事実です。
売主と買主の双方から仲介を受けることを「両手仲介」といい、これは双方から仲介手数料をいただける「おいしい取引」になります。
これを意図して狙われると、依頼したお客さまには見えにくいところで、実は結構な被害が生じる温床になってしまうのです。
両手仲介は不動産業界の悪しき慣行とも言われますが、大手を含めてこの慣行から抜け切れない実情があります。

当店はマンションオーナーの味方を宣言します

法令では、例えば売却のご用命をいただいた場合、その物件の情報を同業者に開示して、購入希望者を募ることが責務ということになっていますが、抜け道や裏道は、どのような業界にでもあるものです。
自社で買主を見つけて成約すれば仲介手数料が2倍になるというのは、不動産店にとっては魅力的な誘惑ですが、お客さまにとっては大迷惑ということを、忘れてはならないでしょう。

当店は、このような利益相反や両手仲介狙いを排除するため、売主や貸主の立場、つまりマンションオーナーの立場にしか立たないことを宣言します。
これよって、実は当店の業務は非常にクリアで、しかも単純化されています。
売却仲介のご依頼は、売主さまの異論がない限り全面的に開示し、他店による買主獲得の営業を一切妨げません。
「インターネットやチラシに掲載してもいいですか?」という問合せも、原則としてすべて承諾しています。
当店でももちろん独自に営業させていただきますが、世の中すべての不動産店が営業してくれるのに匹敵するような宣伝費を一社で掛けるのは不可能なので、これは持ちつ持たれつ、という関係になります。
お貸し出しになる場合も、まったく同じことが言えます。
このようなポジションに立つことで、当店は買主の立場にはあえて関与せずに、少しでも高く売ることだけに集中して営業することができます。
マンションの売却やお買い替え、または貸出しをご検討なら、マンションオーナーを裏切らない専門店の横浜マンションプラザにぜひご用命ください。