マンション売却情報を凝縮した販売図面のちから

販売図面はマンション売却情報伝達の基本ツール

マンションを有利に早期に売却するなら、買主さまの募集を自店だけでやろうとする店は、絶対に選んではいけません。
どんなに大手でも、自店だけのお客様を相手に営業するより、コンビニより多いと言われるすべての不動産店のお客さまを買主候補にした方が、売買の機会が格段に広がるからです。
今では不動産店がマンション売却のご用命を受けた場合、「レインズ」と呼ばれる不動産業者間のみで閲覧できるデータベースで物件情報を公開しなければいけないことが、法律で決まっています。
ただ、残念ながらここには「抜け穴」がいくつもあり、昔ながらの悪しき慣行が今でも続いているのが実情です。

そのうちの1つが「販売図面」の優劣です。
販売図面とは、不動産店の店頭のガラスや壁にペタペタ貼ってあったり、クリアファイルに入れられて閲覧できるようになっている、あの紙のことです。
現代のようにインターネットが発達する前に、紙ベースで情報を伝達していた時代の遺物ですが、物件情報が1枚に集約されており便利なので、今でも売却情報の伝達手段として広く利用されています。
ところが、レインズには売却物件の登録時に販売図面の添付は義務付けられておらず、紙面に記載すべき内容についての規定もありません。
従って、当店を含めて販売図面の作成に時間と労力を掛けてきっちりっているものから、一見して売る気がないと思われるもの、更に販売図面を添付していないものまで、レベルにものすごい開きがあるのです。

ダメな販売図面での集客は絶望的

余談ですが、不動産店の店頭に貼ってあるたくさんの販売図面は、その不動産店に固有の商品であるかのように錯覚してしまう方がいらっしゃいますが、実際は真逆です。
つまり、ほとんどの物件は他の不動産店が売主さまから売却を受けたものであり、レインズ上で売却情報を見て、自分の店のお客さまに紹介している、という仕組みです。
従って、マンション売却情報をきちんと発信すれば、極端に言えば、日本国内のどこの不動産店でもお客さまに斡旋することができます。

そのような業界の仕組の中で、売る気のなさそうな粗末な販売図面を作ったり、そもそも作らなかったらどうなるでしょうか?
答えは簡単ですね。購入を検討している買主さまには、決してまともな情報が届きません。
販売図面は不動産店が買主さまにアプローチするための主要な広告ツールであり、物件の内見や現地へ足を運びたくなるかどうかを判断する、最初の分岐点となります。
不動産店の営業マンとしてもお客さまにお勧めしにくいですが、仮に希望条件にマッチした物件だったとしても、魅力がない販売図面の物件は、内見などにお話が進むことはまずありません。

なぜこのようなダメな販売図面が登場するのか?

理由は2つです。
1つは作成する能力や気力の問題。
ここには悪意はないかもしれませんが、そもそも不動産店として・・疑問です。
もう1つはマンション売却情報を囲い込んで、他店からの買主紹介を阻害するため。
こっちは悪意があります。
なぜ阻害するかというと、自店で買主さまを募ることで、売主・買主の双方からの仲介料を独占するためです。(両手仲介と言います。)
実は、法律に従ってマンション売却の情報を公開してはいるものの、できるだけ情報を出したくないと、行間から読み取れる不動産店は結構あります。
営業マンがお客さまに提案することを躊躇してしまうような、ダメな図面をあえて作れば、他店からの紹介はまずありません。
そのような不動産店にマンション売却をご依頼された売主さまは、本当にお気の毒です。

横浜マンションプラザでは、販売図面の作成に手間隙を惜しみません。
それは、マンション売却専門店として、売主さま側だけに寄り添う立場のためです。
自店だけで買主さまを獲得することを求めず、お預かりした物件に同業他社すべての営業力を注いでもらうよう、全力で物件情報の発信に努めています。
こう言うと、何だか不思議な不動産店のように思われるかもしれませんが、これが本来の「売却専門」を掲げる不動産店の姿だと思っています。