リノベーションマンションのこと

リノベーションマンションとは?

リノベーションという言葉の和訳は、修復とか再生という意味になるそうです。
リフォームと何が違うの?と思う方もいらっしゃると思います。それは当然で、2つの言葉の定義に明確な差異はありません。
このコラムでは本質的な言葉の意味は棚上げして、住宅業界で「リノベマンション」と呼ばれている物件のことをお話したいと思います。

リノベマンションとは一般的に、築年数が経過しているマンションのお部屋を不動産業者が買取り、全面的に内装を作り直してから販売する物件のことを指します。
内装工事の内容は、お部屋の状態によります。
相当に古いマンションの場合は完全に解体して(スケルトン状態にして)、間取りも設備もゼロから組み直します。
逆に比較的新しいマンションの場合は、間取りなどは変更せずに、壁のクロスや床材、照明器具、作り付け家具、水廻りなどの表面的な部分を更新するだけという場合もあります。
リノベマンションの一番の特徴は、中古マンションとはいえ、前の居住者の生活感が完全に消えていることです。
不動産業者が買い取ってから商品化しているため、当然、販売時はピカピカの空室です。
また、ちょっとした家具や装飾品を置いたりして、新築マンションのモデルルームのような雰囲気を演出しています。
購入を検討されるお客さまの多くは、第一印象として「いいね~!」と仰います。

内装リフォームをあらかじめ施した中古マンション

見学した時の第一印象は上記のようにとてもいいのですが、通常の仲介で中古マンションを購入した後に買主さまが好きなようにリフォームをされても、きれいで素敵なお部屋にすることはできます。
要は、不動産業者が出しているリノベマンションは、販売する前に内装の全面的なリフォームを施してある中古マンション、とご理解ください。
では、どのような方にリノベマンションが向いているかというと、
 ・購入してからすぐに入居したい方
 ・リフォームの内容を検討したり工事業者と何度も打合せをする手間を掛けられない方
 ・物件の購入価格とリフォーム工事代を纏めて支払いたい方
などの方には、適していると言えます。

完成したものが目の前にあり、売主の不動産業者が保証も付けますので、入居後の生活をイメージしやすいというメリットも大きいですね。
一方、上記のような要素が当てはまらない方は、通常の仲介で中古マンションを購入し、ご自身の好みや判断でリフォームの内容や範囲を決めた方が、コストも完成の満足度も、メリットが大きいのではないでしょうか。

リノベマンションを選ぶポイント

リノベマンションを専業にしている不動産業者さんの物件を拝見すると、内装設計にデザイナーを使ったり、はやりの設備を取り入れたりと、よく工夫されているなと感心することがあります。
では購入されるお客さまに、どんなリノベマンションでもお勧めできるかと言えば、いくつかポイントがあるように思います。
まず、マンション全体の管理の状態や共用部分の仕様を確認しましょう。
不動産業者が独自に内装工事を施すことができるのは、あくまでお部屋の中だけです。
玄関扉の外側の廊下やバルコニーを含めた共用部分は、すべて管理組合による管理の対象となるので、ここがきちんと管理運営されているかどうかで、資産価値も変わってきます。
大規模修繕工事の実績や、将来の工事に備えた修繕積立金の状況なども調べておきましょう。
もっと根本的には、建物自体の構造や主要な設備、築年数なども確認しておくべきです。耐震性やアスベストの使用履歴なども、事前にチェックしないとやっかいなことになりかねません。

つまり、リノベマンションを購入する場合でも、通常の中古マンションの購入時と同様に、十分なリサーチが重要ということです。
これを怠ると、こんなはずではなかった!ということになりかねませんので、くれぐれもご留意ください。

リノベマンションの購入は横浜マンション流通プラザで!

横浜マンション流通プラザは、あらゆる中古マンションや住宅をお取扱いしており、もちろんリノベマンションのご購入も承っております。
ご見学のセッティングからその物件の無料評価、ご購入サポート、住宅ローンのご相談まで、ご購入までのすべてのフェーズでお客さまファーストをモットーに対応いたします。
仲介手数料は、リノベマンションでも格安料金を適用。お得でスマートなマンションのご購入を、ぜひ当店で実現してください。
ご用命をお待ちしています。