不動産売買仲介の契約(媒介契約)

媒介契約の選択肢

不動産売買の仲介契約(媒介契約といいます)は、法令で3つの種類が定められており、お客さまが任意にお選びいただくことが可能です。
買主さまには影響がありませんが、売主さまにとってはどれを選択されるかによって、不動産店の営業活動や実際の売却に影響を及ぼす可能性があります。仲介を委託される前に、必ず内容を確認なさってください。

専属専任媒介契約

・契約できる不動産店は1つに限定(複数の不動産店への仲介依頼は不可)
・売主が自分で買主を見つけた場合でも必ず不動産店を通して契約する
・契約期間は3ヶ月以内(更新可)
・不動産店は契約から5営業日以内に販売物件のデータベース(レインズ)に物件情報を登録する
・不動産店は1週間に1回以上の頻度で営業状況を売主に報告する

専任媒介契約

・契約できる不動産店は1つに限定(複数の不動産店jへの仲介依頼は不可)
・売主が自分で買主を見つけた場合は不動産店を通さずに契約可
・契約期間は3ヶ月以内(更新可)
・不動産店は契約から7営業日以内に販売物件のデータベース(レインズ)に物件情報を登録する
・不動産店は2週間に1回以上の頻度で営業状況を売主に報告する

一般媒介契約

・契約できる不動産店はいくつでも可(上限なし)
・売主自ら買主を見つけた場合は不動産店を通さずに契約可
・契約期間の法令による定めなし
・不動産店に販売物件のデータベース(レインズ)に物件情報を登録する義務なし
・不動産店に営業状況の定期的な報告の義務なし

さて、どの媒介契約を選びましょうか?

上記のとおり、3パターンの媒介契約がありますが、お客さま(売主)にとって、それぞれにメリット・デメリットがあります。

専属専任媒介契約と専任媒介契約は似ていますが、一般媒介契約はかなり内容が異質のものになっています。ここでのポイントは、複数の不動産店に同時に仲介を申し込みたいかどうか、です。
お客さまからすれば、たくさんの不動産店に依頼した方が安心というお気持ちがあるかもしれませんが、仲介を承る側の不動産店にとっては、経費を掛けて営業しても収入を得られない可能性があり、取扱の優先順位は高くなりません。

実務的には、お知り合いの不動産店などに義理があるような場合を除いて、信頼できるきちんとした不動産店にご依頼されれば、複数の先に申込む必要性は非常に薄いと言えます。
不動産売買に関する詳しい舞台裏の仕組みは、ぜひ当店までおたずね下さい!

一方、専属専任契約と専任契約の選択は、お客さま自身がお知り合いや親族などに売却する可能性があるかどうかが、判断ポイントです。
そのような可能性がほとんどないなら専属専任契約を、万が一にでも可能性があるなら、専任契約をご選択されることをお勧めします。
尚、不動産店側の感覚としては、専属専任契約と専任契約では、お取扱や営業方法に差異はありません。

どれを選ばれるかはお客さまの自由ですので、お考えやご事情を踏まえて、選択なさってください。

横浜マンション流通プラザにご相談ください

横浜マンション流通プラザでは、それぞれのご契約をいただいた場合の詳細なご案内はもちろん、お客さまのご事情を踏まえたアドバイスも丁寧にさせていただいております。
当店は、格安仲介手数料とお客さまファーストの精神を掲げる不動産店です。もちろん、高品質なサービスで、すべてのお客さまに全力でご奉仕いたします。
お客さまにベストな選択をご提示することを常に最優先していますので、安心してご相談くださいませ。