中古マンションを高値で売却するためのコツ

不動産屋任せでは限界があります

新築マンションのモデルルームに行ったことはありますか?
庶民的な価格帯マンションでも、素敵な生活が送れそうな雰囲気が演出されていますよね。
そこには、見学だけのつもりで来たお客さまが、いつの間にか購入を検討するようにさせられる仕掛けが施されています。
ホテルの部屋が居心地がいいのも、モデルルームと同じ理由だと思いますが、共通するのは行き届いた清掃であったり、物の少なさであったり、物が整理整頓されている状態というイメージがすぐに浮かんできます。

そうです。もしマンションを高値で売却したいなら、売主さま自身が「居心地がいい」と感じられる状態にしたお部屋を、内見に来たお客さまに見せてあげてください。
もちろんそこで生活している以上、急に家具を減らしたり入替えるのは無理ですし、そのような対応を求めている訳ではありません。
ただ、例えば宿泊するホテルの洗面ボールに髪の毛が数本落ちていたら、すごく気分が悪いと思います。
一つの空間の中に前に使っていた方の使用感が残っていると、多くの方はそれを嫌がり、消したいと思うものなのです。
だとしたら、内見に来た方には、できる限り売主さまの生活感を見せないのが得策です。
ご売却をお決めになったら、少しでも高値が付くように、今日から横浜マンションプラザと一緒に対策を始めましょう。

高値売却のコツ(居住中の場合)

中古マンションの売却には、売主さまが居住中の状態で売却営業する場合と、売主さまがすでに転居され空室になった状態で売却営業する場合があります。
まずは、売主さまが居住中の場合のポイントを抑えてください。

掃除をしてください!

・内見に来た方の第一印象を良くすることはとても重要です。
・特に水周りは生活感が非常に強く出てしまいますので、日頃からの清掃をお願いします。
・眺望をアピールできるお部屋なら、窓の清掃を!
・ご売却を決めたら、できるだけお部屋を汚さないように気をつけましょう。

物を片付けてください!

・内見の時だけで構いませんので、ゴチャゴチャ感のある雑多なものを隠してください。
 大きめの籠を用意しておくと便利です。
・洗濯物や衣服も一時的に収納してください。
・人物が写っているお写真は一旦隠しましょう。
・玄関に出ている靴や傘などを下駄箱に収納してください。
・バルコニーや玄関前のアルコープにはできるだけ物を置かないようにしましょう。

照明を全灯にしてください!

・内見が始まる前に、お昼の時間帯でもお部屋を最大限に明るくしてください。
・玄関を開けた瞬間が暗いと、内見のお客さまにその印象が付いてしまいます。

消臭してください!

・臭いは、そこにずっといる人には感じられないものですが、外から来た内見のお客さまには強い印象を与えます。
・どのようなご家庭にも、臭いの発生源が必ずあります。
 売主さまが大丈夫と思っていても、ぜひ内見前には無香消臭剤で消臭をお願いいたします。

高値売却のコツ(空室の場合)

空室の場合は、売主さまがいらっしゃいませんので、当店スタッフのみで内見を対応することになります。
その際、気になるところは直前に対応しますが、お引越し前後に上記のような清掃等をしていただくことをお勧めします。
また、費用は掛かってしまいますが、極端に目立つ傷や汚れがある場合は、修繕しておいた方が内見のお客さまの印象が格段に良くなります。

応用編としては、お部屋がきれいになっているなら「ステージング」と呼ばれるサービスの活用が可能です。
これは、色気のない空のお部屋にちょっとした家具や照明器具などを設置して、華やかさや潤い感を演出するものです。
このような家具はレンタルすることができますので、小額の費用で売値を上げる効果を期待できます。

このように、マンションを高値売却する手段のノウハウが、当店にはあります。
それぞれの売主さまのお考えやライフスタイルに応じてお手伝いしますので、お気軽にご相談ください。