仲介手数料無料にはご注意

当店の仲介手数料は一般価格の半額です

不動産業者(宅建業者)を名乗る会社には、いくつかのカテゴリーがあります。

1.デベロッパー(開発業者)
2.買取再販りやリノベーションを手掛ける転売業者
3.仲介業者(売買/賃貸)

この中で一番数が多いのは、圧倒的に3の仲介業者です。
デベロッパーや転売業をするには資金力が必要なのと、上手く行かなかった時のリスクも大きいので、これらの業をできる事業者は限られてしまいます。
仲介業をやりながら場合によっては買取も対応する業者さんもいますが、仕事のメインは仲介にしていると思います。

このような仲介業者にとっての収益源は、ずばり仲介手数料です。
横浜マンションプラザも、仲介手数料が入らなければ会社は成立しません。
ところが、この仲介手数料を「無料」だと言っている不動産店が時々見られます。(ネットで検索すると結構出てきます。)

財閥系や電鉄系などの大手仲介業者を筆頭に、日本国内の大多数の不動産店は、マンション売買時の仲介手数料を「売買価格×3%+6万円」で計算します。
この式は、不動産売買において仲介業者が受け取れる手数料額の上限で、法律で定めれているものです。
売主・買主の双方から、この金額までをいただくことが認められています。
一方、当店はマンション売却の専門業者として、売却営業に要する経費を工夫し、売主さまからいただく仲介手数料を一般的な価格の半額以下(売買価格×1.5%)としています。(2,000万円未満の物件を除きます。)
でも無料にすることはできません。
会社が存続していくためという理由はもちろんありますが、売主さまの仲介手数料無料にした場合、売主さま自身へのデメリットが大きくなってしまうからです。

マンション売却時の仲介手数料無料は要注意!

売主さまの仲介手数料を無料にしている不動産店は、どうやっているのでしょうか?
破綻しないためには、買主さまから確実にいただく、という流れになりますね。
売買が成立した時は売主・買主の双方から仲介手数料をいただけますので、売主側からもらわないなら買主からもらえれば、トータルで成立します。
でもそのためにには厄介な問題に直面することになります。

不動産業者がマンション売却を承った際は、「レインズ」という不動産業者専用のデータベース上で、売却情報を他の不動産店に公開する義務あります。
その結果、他の不動産店のお客様が購入を希望されて、売買が成立することが多いです。
このような仲介では、売主さま側の不動産店と買主さま側の不動産店が別々になりますので、仲介手数料もそれぞれのお客様からいただくことになります。
実は、このように売主と買主に別の不動産店が仲介に付くスタイルは、健全な取引の姿です。
例えば価格交渉をしたり、物件に不備があった場合、1つの不動産業者が売主・買主の双方の仲介になってしまうと、利益相反をおこしてしまいます。

ところが、売主さまの仲介手数料を無料にした不動産店にとっては、買主さまを別の不動産店で決められたら万事休すです。
是が非でも自店で買主さまを確保すべく、他店からのお客さま紹介を受けないように必死に防衛します。
売却情報をできる限り出さないのはもちろん、万一お客さま紹介があっても「商談中」と嘘を言って断る。
自店で思うように売却できなければ、いい訳を並べて売出価格を下げてもらうなどなど・・
よそで購入を希望するお客さまがいるのに、それを断って自店での集客に拘るのは、売主さまへの背信行為です。
ただ、仲介手数料を無料にしてしまった故にそうせざるを得ない事情は、よく分かります。

仲介手数料無料でも大丈夫な場合もあります

それは、新築物件やリノベーションマンションを「購入」する時です。
残念ながらご売却の場合ではなく、甚だ申し訳ございません。
なぜ新築物件・リノベーションマンションの購入時ならOKかと言うと、これらでは売主である不動産会社が、確実に仲介手数料を払ってくれるからです。
仲介業者にしてみると、売買が成立した時に売主からも買主からも手数料をいただけないという懸念がないので、安心して無料にできる訳です。
ただ、このカテゴリーの物件なら自動的に仲介手数料が無料になる訳ではありません。
逆に、このカテゴリーの物件でも仲介料無料は無理がある(=購入自体をやめた方がいい)場合もあります。

横浜マンションプラザは、マンション・不動産のご購入仲介を主要な業務にしていませんが、不動産業界に精通している一事業者として、ご購入のサポートも万全にさせていただきます。
また、お客さまが気になっている物件をお聞かせいただければ、プロの目で見て「大丈夫な物件」かどうか、無料で評価をお知らせするサービスも行なっています。
特に、買い替えをお考えのお客さまにとっては、現在のマンションの売却と住み替え先の購入はセットでのお話になりますので、安心してご相談ください。