売却仲介と買取りの決定的な違い

買取りの仕組みとは

不動産店のチラシなどに「買取ります」とか「買取保証」という宣伝文句がしばしば書かれています。
親切なように見えますが、果たして本当に親切なのしょうか?売却を依頼する前から買取ってくれる先があるというのは、気分がいいかもしれません。
ですが、ちょっと冷静に考えてみましょう。

買取りをするのは、不動産業者です。不動産業者は、私ども横浜マンション流通プラザを含めて営利企業です。営利企業であるからには、ボランティア活動で不動産を買取る訳ではありません。(ここが本質です!)
買取られた不動産のほとんどは、何らかの形で転売されます。
転売のスタイルとしては、まったく手を加えずに転売することもあれば、内装のリノベーションを施したり、古い建物を解体して更地化することもありますが、いずれにせよ不動産業者にすれば、転売によって儲からなければ意味がありません。
不動産業者から見ると、不動産の買取りは仕入にあたり、転売は売上にあたります。そこで利益(差益)を得られなければ、ビジネスが成立しないのです。

従って、不動産の買取額は1円でも安く抑えて、利益を稼ぎたいのが本音です。
買取りによる売却価格については、不動産業者が価格の決定権を持っており、どうやったところで割安になってしまいます。

マンション・住宅の売却は 1に仲介 2に買取

一方、仲介の場合は、中古マンションや不動産を購入したい買主を一般の市場で探します。
結果的に買主が不動産業者になることもなくはないですが、仲介を申込んだ不動産業者が直ちにその物件を購入することはありません。
むしろ、一般的な仲介手数料は売買価格に比例しますので、手数料を得るという点から言えば、不動産業者にとっては売買価格が高い方がありがたいのです。

このように、売却仲介と買取りでは、不動産会社の立ち位置が正反対です。

通常なら、売主は不動産を少しでも高く売りたいと当然願うでしょう。そのご希望に応えられるのは、明らかに売却仲介です。
ただ、では買取りが絶対にダメかと言えば、売主や物件の状況によってそうも言えないところがあり、完全に否定される訳ではありません。

ここで買取と売却仲介の違いを確認しておきましょう。

買取りの場合

・売却先(購入者)は特定の不動産業者があらかじめ内定
・売却価格は一般的に相場の50~70%程度
・相手が決まっているので売却実行までの時間が短く現金化が早い
・仲介手数料は不要

売却仲介の場合

・売却先(購入者)は一般の市場から探す
・売却価格は特別な事情がない限り一般の相場並み
・売却実行までにどんなに急いでもある程度の時間を要する
・仲介手数料の負担を要する

買取りの場合は売却先がはじめから決まっているので、短時間で手続を完了し売却代金の決済まで行なうことができます。
もし何らかの事情で、不動産を早々に現金化したいなら、買取りはスピーディーな実行が可能です。

また、事業用に供する大きな不動産などの場合は、一般の市場で買主を探してもなかなか見つかりません。このような居住用ではない物件は、不動産業者が買取ったうえで上手く商品化して転売することが、よりベターな選択と言える場合もあります。

当店では、売却のお話の入口から買取りをお勧めすることは決してございません。
が、お客さまの状況をお聞きしたうえで、優先度に応じたご提案をさせていただく場合もございます。

横浜マンション流通プラザの安心で格安な不動産売買を

いきなり買取を勧めてくるような不動産業者は論外として、マンションや住宅・不動産の売却をお考えなら、お客さまの事情や意向をきちんと汲み取って、誠実に対応する「当り」の不動産店を選ぶことが、一番のポイントです。

当店の経営方針はお客さまファースト。お客さまのメリットを最優先してベストな不動産の売買を目指します。
もちろん、お客さまには、様々なご事情があるのも事実。まずはお気軽に、横浜マンション流通プラザまでご相談ください。
私どもの考えを決して押し付けることなく、それぞれのお客さまの立場を尊重したソリューションをご提案をさせていただきます。