広大な町・横浜市

横浜市の面積は437km2

そして人口は日本の市町村で最多の375万人。政令指定都市のため18の行政区に分かれています・・
と数字だけ並べてもイメージが沸かないかもしれませんね。
横浜と聞くと、横浜に住んだことのない多くの方は海や港を思い浮かべると思いますが、実際には水辺の景色とは程遠い山深い場所や人里はなれたような田舎も、市内には多々あります。
車で横浜市の端から端まで移動する場合、軽く1時間以上を要することもざら。
もし貴方が住所だけを頼りに横浜市某所を訪ねたら、あまりにイメージとかけ離れた場所に愕然とするかもしれません。
ちなみに、横浜市の行政区には「港北区」「港南区」という名前の区があります。
港の北や南と言うからには海の近くかと思いきや、意外にもこの両区には海岸線はまったくなく、完全に内陸に位置しています(笑)
また、行政機関や主要なスポットが集中するのは中区・西区付近ですが、必ずしも市の中心部から放射状に町が広がっている訳ではありません。
特に、人気の東急田園都市線沿線からは横浜市の中心部には出にくく、むしろ東京側へのアクセスの方が圧倒的に便利です。田園都市の町の生い立ちから考えても、横浜市と一括りにしない方がいいような気もします。
横浜市がどのくらい広い町か、何となくご理解いただけましたでしょうか?

横浜市内のどこを選ぶか?

平面的な町のサイズ感とは別の話ですが、横浜市のほとんどは丘陵地帯で、坂道や階段が非常に多いことでも知られています。
同じ港町でも神戸市の六甲山のような標高のある山ではなく、どこまでも丘が連なっている感じです。
平坦な場所は海沿いの埋立地や丘と丘の間の谷底にあたる場所、古くから田んぼとして開墾されていたエリアなど、かなり限定的です。
横浜で生まれ育った方は坂道に抵抗感がないかもしれませんが、初めて横浜市に転居された方は、最初は相当驚くようです。
ただ横浜市民なら慣れているとは言え、お隣の横須賀市ほど顕著ではないにせよ、高齢化した社会では坂道はちょっとやっかいな存在です。
実際に当店のお客さまからも、坂道のない平坦な場所への買換えのご希望を、時々聞きます。
また、横浜市内にも会社や商業施設などがそれなりに集積していますが、東京に比べれば経済規模が小さいため、横浜は多くの住民が東京へ通勤・通学する、巨大なベッドタウンという側面も持っています。
横浜市内で日常生活が完結しない方にとっては、東京方面へのアクセス(交通手段)はとても重要なファクターですね。
前述した田園都市線沿線は、東京方面への通勤の利便性と閑静な住環境が評価されて発展してきた町と言うことができると思います。
広大な横浜市内には様々な特色あるエリアがあります。どのような立地を選択するべきかは、住まいに求める優先事項によって変ってきます。
貴方ならどんな顔を持った町に住みたいと思うでしょうか?横浜マンション流通プラザがお手伝いさせていただきます。

横浜の不動産に特化した地元密着の不動産店

横浜マンション流通プラザは、名前の通り、横浜の中古マンションの売買仲介に特化した不動産店です。
もちろん戸建住宅や土地(宅地)もお取扱いしていますが、いずれの物件にせよ、地元である横浜エリアの不動産のことなら、ぜひ当店にご相談ください。
長年横浜にお住まいの方にも、初めて横浜の住宅を購入する方にも、不動産情報はもとより地元のトリビアな情報をご提供させていただきます。
また、地元密着の利を活かして、横浜の物件なら売買時の仲介手数料はいつでも格安料金を適用。
特に中古マンションについては、売却のお客さまにも購入のお客さまにも、ぐーんとお得な手数料で仲介を承っています。
横浜での住宅のご売却または住宅探し・ご購入は、気軽に安心して相談できる地元に精通した当店まで、ぜひご連絡くださいませ。