罪深い「両手仲介」の件

両手仲介って何?

結論から言うと、売主と買主の双方からの仲介の委託を、同じ不動産店が受けることです。
両手仲介は、お客さまにとっては百害あって一利なし。不動産業界の「悪しき慣行」の一つです。
時々、メディアでも叩かれ、最近はあからさまな行為は減っているように思います。
でも、不動産店にとってはメリットが大きく、違法ではないいため、今でも内々では横行しているようです。

両手仲介がダメな理由

不動産に限りませんが、モノを売買する際、売主と買主は利益相反の関係になります。
不動産店は売主・買主の代理人になりますので、売主と買主の双方から仲介を受けてしまうと自己矛盾を生じることになります。
これが1点目の問題点です。
ただ、意図せずにこのような形になってしまうこともあります。先に売主から仲介を承り、自社で営業したところ買主から購入申込をいただけたというケースです。これは、通常の営業行為であり、誰にも迷惑を掛けるものではなく、特段の問題はありません。

もう1つの問題点(こちらの方が深刻)は、不動産店が、意図して両手仲介を狙う場合に生じます。
不動産店は、売買が成立した際に仲介手数料を頂戴しますが、この手数料は、売主と買主の双方からいただくことができます。従って、両手仲介を実施した不動産店は、1件の売買で2件分の手数料を獲得することができます。
これを意図して狙う場合に、一番簡単な方法は、販売物件の情報を他の不動産店にできる限り出さないことです。
実は法令で、販売を依頼された不動産店は、物件情報をインターネットのデータベース(レインズといいます)に登録・開示することが義務付けられています。
ただ、登録する内容を最低限にして、他店には物件を特定できないようにすることは可能です。分かりにくい内容にしておけば、他店では買主への紹介をためらってしまいます。
更に、もし他店から問合せがあった場合でも「すでに商談中」などとウソの説明をして、他店からの買主の紹介を断ることもできます。
そのようにして時間を稼ぎ、自分の店で買主を探して売ることだけに注力するのです。

売主からすると、他店では買主がいるのに、知らないうちに勝手に排除されてしまいます。
買主からしても、欲しいと思っても情報を得る機会が非常に限られるため、物件にたどり着けない懸念が高くなってします。
売買の成立を推進すべき不動産店として、両手仲介狙いは売買の阻害要因でしかなく、あるまじき行為と言えます。

不動産売買のご用命は信頼できる不動産店へ

不動産店に売却の仲介を依頼したのに、買主の紹介がなかなか来なかったり、とんでもない価格交渉をされている売主さま。
不動産店に問合せたら、希望の物件そっちのけで別の物件を熱心に勧めたられた買主さま。
いずれも両手仲介狙いをされている可能性があり、要注意です。

人生で何回もない不動産の売買は、やはり信頼が一番。お客さまのことを何よりも優先して考える不動産店を選ぶことが、成功につながります。
横浜マンション仲介プラザは、両手仲介や物件情報の囲い込み、不誠実なお客さま対応など、悪しき慣行を排除することを明言します。
お客さまファーストの精神と格安仲介手数料でお待ちしておりますので、どうぞ安心してご相談くださいませ。