当店には買い替えのノウハウがあります

プロでも悩ましい住宅の買い替え対応

現在居住中のマンション等を売却して別の住宅を買い替えるというケースは珍しいことではありませんが、ご事情やタイミングは様々で、色々なケースがあります。
最初から当店にご相談いただいてていたお客さまは別にして、途中からお話を頂戴した場合、決定べきことの順番が違ったり、資金の見通しが甘かったりと、すでに少々難しい状態に陥っている状況も見られます。

住宅の買い替えに際しては、きるだけムダなコストを掛けることなく、且つスムーズに新居への住み替えができることがベストです。
ところが、実際にはこれが一筋縄では行かない場合が多いのですが、これは決めるべきことがたくさんあり、その優先順位をしっかり定めて実行することが意外と難しいからだと思います。
例えば、買い替えには「売る」という行為と「買う」という行為の2つがある訳ですが、両者を完全に平行して進め同日に決済することは、ほぼ不可能です。
従って、どちらかが先に進むことになりますが、いずれの場合にも注意点があります。

1.売却先行の場合

例えば、現在の居住地とは異なる場所へ特定の時期に転居することが優先事項で、転居後早々に現在の住まいを売却し、後から新居を購入するというケースです。

<メリット>
・売却金額が先に確定しているため、新居購入の資金計画が立てやすい。

<デメリット>
・現在の住宅に居住している状態で、内見の対応や購入希望者との遣り取りをする必要がある。
・新居を購入するまでの間は、賃貸住宅などに仮住まいをする期間が発生してしまい、引越も2回しなければならない。
・従って、余計な費用が掛かってしまう。また、労力と手間も掛かる。

2.購入先行の場合

例えば、今後のライフスタイルに適した住宅への引越しを優先事項として新居を探し、そちらを確保してから現在の住居を売却するというケースです。

<メリット>
・期限にとらわれることなく気に入った物件を探すことができる。
・新居へ引越して現在の住宅を空室にしてから売り出すことができる。
<デメリット>
・現在の住宅が売却できるまで二重ローンの状態になり、金融機関が認めてくれない場合がある。
・金融機関が二重ローンを認めてくれたとしても、その期間は両方の返済が必要なため負担が大きい。
・現在の住宅が希望額で売れる保証はなく、資金計画が狂う可能性がある。

買い替えにはノウハウとサポートが必要です

住宅をどうするかは多くの方にとって大変重要なテーマである一方、お仕事や日常の生活がある以上、そればかりに没頭できる訳ではないのが、実情だと思います。
現在の住宅を高く売り、無駄な費用や手間をできるだけ抑えてスムーズに買い替えを進めるためには、売却・購入の適切なタイミングや、事前に妥当な計画を立てることが大切ですが、言うは易しというところでしょう。
一番のポイントは、何を優先するか(必須事項)をしっかり定めることです。
ここがブレると、途中で何をやっているのか分からなくなってきますので、くれぐれもご留意ください。
また、売買に伴う税制についても、大変重要なポイントです。
現在の住宅を売却して得した場合と損した場合、いずれにも考慮すべき税制がありますが、制度が複雑なので、きちんと要件を理解したうえで適用することが必要です。

買い替えの目的やご事情はともかく、当店としては、お客さまが買い替えて良かったと喜んでいただけますよう、精一杯のサポートをさせていただきます。
検討を始めた時からご相談いただける場合は、買い替えを包括的にサポートさせていただくパッケージサービスもご用意していますので、よろしければご用命ください。
当店では、お客さまのご希望をお聞かせいただきつつ、住み替えの目的や、住宅ローンの残債、ご負担いただける自己資金の見込みなどを勘案して、最適と考える買い替えの方針をご提案させていたさきます。
まずはお気軽にご相談くださいませ。
計画が白紙の段階からご相談いただくことで、買い替えの成功につながる可能性が高くなります!