長編アニメの舞台になった「横浜」を見る

物語やドラマの舞台に人気の町・横浜

巨大都市・横浜は、非日常的な港周辺の独特の景観などが受けて、古くから物語やドラマの舞台になることが多い町です。
(本コラムの著者の世代としては・・あぶいない刑事の記憶が強いです。)
が、最近は港町だからという理由もさることながら、ごく普通の住宅街やオフィス街、昭和の臭いがする商店街などもロケ地として人気のようです。
さて、子供から大人まで大好きなアニメの世界でも、横浜が舞台になっている作品が結構ありますね。
そのような中から、個人的に印象が強い長編映画2本をご紹介します。
ストーリー展開は別にして、舞台としての横浜の用い方は、対照的な作品だと思います。

コクリコ坂から

スタジオジブリの宮崎監督の作品。
ちょうど東日本大震災の直後に上映されたこともあり、何かと記憶に残っている作品です。
手嶋葵さんが歌う、ちょっと物悲しい主題歌も、とても印象的でした。
時代設定は昭和30年代後半。
まだ随所に戦争の影を引きずりながらも、まさに青春を突き進んでいく学生たちが主人公の物語です。
映像には、当時の桜木町駅や東京に向かう電車、山下公園など横浜港周辺の実在した町並みが登場します。
主人公の女の子が住む家は、麓の商店街から坂道を登った丘の上、港や海が見下ろせる場所にあります。
その庭に「後悔の無事を祈る」という意味の信号旗を毎日掲げて、船乗りで戦争で亡くなった父を偲んでいます。
余談ですが、この映画が公開されてから、横浜の港沿いには、船舶用のカラフルな信号旗が飾られることが増えました。
今でも主人公の家の場所のイメージに近い、みなとの見える丘公園に行くと、旗がたなびいています。
また、映画の中で主要な場所となっている主人公たちが通う私立高校も、山手の丘の上にある設定のようです。

この映画の舞台である横浜は、今では一大観光地となっている、横浜らしい港エリアの風景です。
整備されているとは言いがたい港湾や運河に停泊する艀(はしけ)など、さすがに今の姿とは違いますが、一定の年齢以上の方ならすぐにピンと来る古き横浜の場面が続きます。
主人公の女の子の家の立地条件をピンポイントで探すことはかなり難しい(実在しない)ですが、こんなところに住みたいと誰もが思うことでしょう。
登場人物の背景や物語の展開から考えると、この映画では港町としての舞台が必要だったことが分かる気がします。

未来のミライ

スタジオ地図の細田監督の作品。
2108年に公開されたばかりの、まだ新しい映画です。
この映画を予備知識がない状態で初めてみた時、オープニングの町の鳥瞰図(地図を斜め上から見たようなもの)から、ん?と思いました。
この鳥瞰図、どこかで見たことがあるけど、ひょっとして横浜?という印象です。
しかも、同じ目線からの鳥瞰図が、映画の中で何度となく繰り返されます。
舞台が横浜であることは、中盤で登場人物が発するセリフから明らかになるのですが、
この映画の舞台をなぜここにしたのかは、映画の終盤にならないと分かりません。
(と言いますか、分かる方の方が少ないかもしれませんが。)

舞台は横浜と言っても、港町の中心部ではなく、磯子区の杉田付近です。
駅で言うと京浜急行本線の富岡駅が近いと思われる、住宅街の一角にある戸建て住宅。
ここに住むファミリーの、幼少な男の子が主人公で、妹が生まれたことが契機となって過去や未来を行ったり来たりすることになります。
鳥瞰図の話に戻りますと、そこに描かれているのは、一番手前に京浜急行やJR根岸線の線路の形状と国道16号線、その向こうの右手に広がる根岸湾沿いの工場地帯、更に遠方に本牧のコンテナ埠頭やみなとみらいのランドマークタワーなどを臨む景色。
横浜市の南側から北の方向(中心部の方向)を俯瞰していることになります。
映画なので、その絵だけをじっくり見ることはできませんが、かなりリアルに描かれている印象。
そのような中、主人公が住んでいる家も、ピンポイントで特定できそうなほどリアリティのある設定です。

それにしても、なぜ杉田?と不思議に思って見ていると、この場所を選んだ理由がやっと分かりました。
それは、主人公のひいおじいちゃんまで時代を遡ることになります。
ひいおじいちゃんは戦争中の世代ですが、彼が勤めていた機械工場が、現在も杉田にある石川島播磨工業という設定です。
ここで技術者として働いていた彼は、終戦後もまだ田舎町だった杉田の高台で暮らし始めます。
これ以上はネタバレになってしまいますので控えますが、杉田=石川島播磨工業=飛行機という図式を、この映画を見るまで忘れていました。
よくこの場所を思いついたなと、感心してしまいます。
余談ですが、戦後の国産旅客機として作られたプロペラのYS11という飛行機。
今は全廃されてしまいましたので、若い世代の方は知らないと思いますが、このYSって何の意味だと思いますか?
答えは「横浜・杉田」の頭文字です(笑)