2019年住みたい街ランキング

横浜は1位を堅持

リクルートさんが毎年実施している住みたい街ランキングの調査。
皆さまもネットニュースなどでご覧になったことがあるでしょうか?
今年2019年の結果(関東エリア)はというと、横浜が昨年に続いて1位を獲得しました。
神奈川県内では、9位に武蔵小杉、10位に鎌倉がランキングするなど、順当かなと思える名前が聞こえてきます。
一方、それ以外では恵比寿、吉祥寺、品川などがベスト10にランクインしています。

ところで、この住みたい街ランキングの対象は、街というより「駅」を指しています。
従って1位の横浜とは、横浜駅のことのようです。
あらためてそう認識すると、正直なところ、横浜市民としてはちょっと違和感を感じずにはいられません。
ん?横浜駅に住む?? これはなかなか・・難しいですね。
横浜駅の海側(東口)には、ポートサイド地区のように高級タワーマンションが数棟建っているエリアがあったり、陸側(西口)にも巨大なバスターミナルから少し離れた場所にマンション等がない訳ではありませんが、いずれも住戸の絶対数は少ないです。
そもそも横浜駅の周辺は商業専用エリアで住宅地ではないため、駅からある程度離れないと居住できる物件がほとんどありません。駅からある程度離れるということは、私鉄ならほとんど隣の駅です(笑)。
横浜駅に住みたい!という方に、具体的にどこに住みたいのか、直接お尋ねしてみたい気がします。
横浜港が見渡せるタワーマンションの、レアな高層階をイメージされているのでしょうか?
住みたい街に「東京駅」や「大手町駅」がランキングされていないのは、このような日本のど真ん中に、居住できる物件がほとんどないと認知されていることが要因かと思います。
これに対して、横浜駅の周辺なら、住むことも可能と思われているのかもしれませんね。確かに不可能ではありませんが・・

今更ながら横浜の魅力とは?

以前、他のコラムにも書きましたが、横浜はとても大きな市で、横浜と言ってもその立地は千差万別です。
人気のある目ぼしい地名を挙げても、みなとみらい、山手、元町中華街、日吉、菊名、上大岡、たまプラーザ、青葉台、港北ニュータウン、緑園都市、東戸塚、港南台、能見台・・と、これらはすべて横浜市内の街です。
こうした街にはそれぞれ個性があり、このようなたくさんの街の集合体が横浜ということになります。
一方、横浜に居住していない方のイメージは、もちろん港町ヨコハマであり、ベイサイドのヨコハマでしょう。
一市民として、横浜駅周辺を含む沿岸部に、観光地とての魅力が詰まっているのはよく分かります。
が、住みたい街に求める要素が観光地や商業地の魅力と同じかといえば、そこはちょっと考えた方がいいかなとも思います。
その場所でずっと生活するという観点で、住環境や生活利便施設、公共交通機関の状況などを検討してみましょう。
貴方にとってのベストの横浜を、ぜひ見つけてください。
横浜マンション流通プラザが、くまなく街のご説明をしながら、全力でお手伝いさせていただきます!