2021.05.20

先日、マンションを購入したいというお客様からご相談を承りました。
弊社が元売りになっている物件についてはご予算が合わなかったのですが、何やらとてもお急ぎの様子。
ご事情をお伺いすると、現在の住宅の売却が他社さんの仲介で決まっていて、引渡しまで時間がないのに。買い替え先が決まっていないとのこと。
一時的な賃貸物件の用意もしておらず、このままでは引越し先がないと困っていました。
なぜそのような事態になったのか重ねてお尋ねすると、買い替えの理由が「今の住宅が嫌だからとにかく早く売りたかった」というお話でした。

ところで、住宅という大変高価なものの売買においては、皆さん慎重かつ計画的に取り組むはずと思われがちですが、
実は、いざ当事者になると、必ずしもそんな悠長なことを言っていられないケースもあるという実情が見えてきます。
本件のお客様は、今のご自宅が大きな幹線道路に面していて環境問題で体調が悪化してしまい、早く出たかったというご事情でしたが、
やはり転居が可能な先のアテを先に付けておかないと、ご希望に沿ったスムーズな買い替え・住み替えは困難です。
もっとも、例えば離婚絡みで、今までの家をさっさと手放したいというお客様も中にはいます。
どこに引っ越すかは後で考えるから、さっさと処分してほしいという方は、珍しくはありません。
逆にローンや管理費の滞納が嵩んでしまい、早い段階で手を打てば策はあったのにギリギリまで粘った結果、選択の余地なく転居を迫られる方もいらっしゃいます。

買い替えや住み替えをご検討の場合、成功のポイントは手順を間違えないこととタイミングを合わせることです。
引越し先を選ぶ時に、今の住宅よりも住環境や利便性が著しく下がる物件をあえて好む方はいないと思います。
特に、今の住宅を売却のうえ代金を原資として買い替える場合は、どのような場所でどの程度の物件を購入することができそうか、正しいイメージを持っておきましょう。
こんなはずではなかったと後悔しないよう、ぜひご留意ください。