媒介契約とは?(マンション売買仲介のご依頼について)

媒介契約は3種類から選択可能です

中古マンションの売却を不動産店にご依頼される場合、売主さまと不動産店との間で仲介業務を委託する契約を締結していただく必要があります。
この契約のことを「媒介契約」といいます。
媒介契約は、法令で3つの種類が定められており、不動産店からご説明のうえ、売主さまの判断でお選びいただきます。
3つの契約にはそれぞれメリット・デメリットがありますので、売主さまのご都合などを踏まえて、一番希望に合うものを選択してください。
マンションという高額なものを売却しようとする訳ですから、不動産店任せではなく、ぜひ内容をご理解いただければと思います。

専属専任媒介契約

・契約できる不動産店は1つに限定(複数の不動産店への仲介依頼は不可)
・売主が自分で買主を見つけた場合でも不動産店を通して契約する
・契約期間は3ヶ月以内(更新可)
・不動産店は契約から5営業日以内に業界のデータベース(レインズ)に物件情報を登録する
・不動産店は1週間に1回の頻度で営業状況を報告する

専任媒介契約

・契約できる不動産店は1つに限定(複数の不動産店jへの仲介依頼は不可)
・売主が自分で買主を見つけた場合は不動産店を通さずに契約できる
・契約期間は3ヶ月以内(更新可)
・不動産店は契約から7営業日以内に業界のデータベース(レインズ)に物件情報を登録する
・不動産店は2週間に1回の頻度で営業状況を報告する

一般媒介契約

契約できる不動産店はいくつでも可
・売主自ら買主を見つけた場合は不動産店を通さずに契約できる
・契約期間の定めはない
・不動産店に業界のデータベース(レインズ)に物件情報を登録する義務なし
・不動産店に営業状況の報告の義務なし

昔は一般媒介契約が主流、今は専任媒介契約がお勧めです

上記のとおり、3パターンの媒介契約がありますが、お客さま(売主)にとって、それぞれにメリット・デメリットがあります。

専属専任媒介契約と専任媒介契約は、ご自身で売り先を見つけた場合の対処以外は酷似していますが、一般媒介契約はかなり、内容が異質のものになっています。
ここでのポイントは、複数の不動産店に同時に仲介を申し込むことに、メリットがあるかどうかです。
お客さまからすれば、たくさんの不動産店に依頼した方が安心、というお気持ちがあるかもしれませんが、実際のところは必ずしもそうではありません。
マンション売却情報の拡散手段が限られていた昔は、確かにいくつもの不動産店にお願いすることで購入検討客への間口が広がり、売却に寄与していました。
ところが今はどうでしょう。現代の情報拡散手段はインターネットが主流です。
ネットにマンション売却の情報をアップすると、瞬時にして多くの方がそれを閲覧・検索することができます。
これは業界内でも一般のお客様でも同じことです。
であれば、購入検討のお客様を抱えていたり営業が得意な不動産店に対して、物件情報の公開を義務付けている専任媒介契約の方が、むしろ売主さまのメリットになるのが、昨今の状況です。
また、実は仲介を承る不動産店にとっては、一般媒介契約の場合は経費を掛けて売却の営業をしても、他店で売買が成立するとまったく手数料収入を得られない可能性があり、取扱の優先順位を下げざるを得ないという事情があります。
透明性が高く、コンプライアンスにしっかり対応した信頼で不動産店を選択されれば、複数の不動産業者に仲介を申込む必要性は低いと言えます。
もっとも、どれを選ばれるかはお客さまの自由。
お考えやご事情を踏まえて、慎重に選択なしてください。

横浜マンションプラザにご相談ください

横浜マンションプラザでは、それぞれのご契約をいただいた場合の詳細なご案内はもちろん、お客さまのご事情を踏まえたアドバイスも丁寧にさせていただいております。
当店は、お客様が選択された媒介契約の種別に関わらず、すべてのお客様からお預かりする案件に全力で取り組み、高品質なサービスでご奉仕いたします。
お客さまにベストな選択をご提示することを常に最優先していますので、安心してご相談くださいませ。