売却仲介と買取りは違うもの?

買取りの仕組みとは

不動産店のチラシなどを見ると「買取ります!」とか「買取保証」という宣伝文句をよく見かけます。
一見親切な提案のようにも見えますが、果たして本当に親切で言っているのでしょうか?
マンションの売却を検討する際に、最初から買ってくれる先が確保されているというのは、安心感を感じるかもしれません。
ですが、ちょっと冷静に考えてみましょう。

買取りをするのは、不動産業者です。
不動産業者は、私ども横浜マンションプラザを含めてすべて営利企業です。
営利企業であるからには、ボランティア活動で不動産を買取る訳ではありません。(ここが本質!)

買取られた不動産はほぼ100%、何らかの形で転売されます。
転売のスタイルとしては、まったく手を加えずに転売すること(転がし)もあれば、内装のリノベーションを施したり、古い建物を解体して更地にして売ることもあります。
ただいずれにせよ、不動産業者としては、転売によって儲け(差益)が得られなければ、意味がありません。

不動産業者から見ると、不動産の買取は「仕入」にあたり、転売は「売上」にあたります。
従って、不動産の買取額は1円でも安く抑えて、利益を確保したいのがビジネスモデルです。
買取りによる売却の場合、不動産業者側が価格の決定権を持っていますので、相場と比較して割安になってしまうことは避けられないでしょう。

マンション売却は仲介が有利です

ところで、よくよく考えてみると、個人が所有しているものを売却しうようとする場合、オークションへの出品を除けば、ほとんどの場合で専門業者による「買取」を利用することになります。
自動車、貴金属や宝飾品、古着、家庭内の不用品などなど。
このような背景のため、不動産にだけ「仲介」という独自の流通方法があることが、かえって分かりにくいかもしれません。

不動産仲介をご利用いただくと、仲介業者は中古マンションを購入したい買主を、一般の市場で探します。
結果的に買主が不動産業者になることもありますが、仲介を承った不動産業者が、直ちにその物件を購入することはありません。
むしろ、仲介手数料の額は売却価格に比例しますので、不動産業者としても、少しでも高い手数料を得るために高額で売ろうと努力します。
従って、売却仲介と買取りでは、不動産会社の立ち位置が真逆です。

売主様がマンションを少しでも高く売りたいと願うなら、明らかに売却仲介が有利です。
ただ、ならば買取が絶対にダメかと言えば、売主や物件の状況によってそうも言えないところがあり、否定される訳ではありません。

ここで買取と売却仲介の違いを確認しておきましょう。

買取りの場合

・売却先(購入者)は特定の不動産業者があらかじめ内定
・売却価格は一般的に相場の70%程度(もちろん物件によりけり)
・相手が決まっているので売却実行までの時間が短く現金化が早い
・仲介手数料は不要

売却仲介の場合

・売却先(購入者)は一般の市場から探す
・売却価格は特別な事情がない限り一般の相場並み
・売却実行までにどんなに急いでもある程度の時間を要する
・仲介手数料の負担を要する

買取の場合は売却先が決まっているので、短時間で手続を完了し売却代金の決済まで行なうことができます。
何らかのご事情で、不動産を早々に現金化したいなら、買取ならスピーディーな実行が可能です。

また、事業用になるような大きな不動産の場合は、一般の市場で買主を探してもなかなか見つかりません。
このような一般的な居住に向かない物件は、不動産業者が買取ったうえで上手く商品化して転売することが、むしろベターな選択と言えます。

当店では、マンション売却のお話の承った場合、最初から買取りをお勧めすることは絶対にありません。
ただ、お客さまの状況をお聞きしたうえで、ニーズ応じたご提案をさせていただく場合もございます。

横浜マンションプラザで安心の売却を

いきなり冒頭から買取を勧めてくるような不動産業者には要注意です。
また、そのような業者の中は、仲介で承っても売れないフリをして買取に持込もうとする背信的なやからもいます。
マンションの買い替えや売却をお考えなら、お客さまの事情や意向をきちんと汲み取って、誠実に対応する不動産店を選ぶことが、もっとも重要なポイントです。

当店では、店の都合や考えを押し付けることなく、それぞれのお客さまの立場を尊重したソリューションをご提案をさせていただきます。
まずは完全無料の相談を、いつでもお気軽にご利用ください。