マンションを引渡す時の条件

売主には原状復旧義務はありません

初めてマンションを売却される方に時々ある誤解として、売却時に清掃や補修をして、きれいな状態で引渡さなければならないと思われている方がいらっしゃいます。
賃貸住宅にお住まいの経験が多いと、賃貸では退去時に所有者に対する「原状回復義務」があるので、それと混同されてしまうということですが、売買では売主様ご自身が所有者ですから、買主に対する原状回復の義務はありません。
売主様が家具などの私財をすべて運び出して空になったお部屋の状態を、現状有姿(げんじょうゆうし)といいます。
意味としては「ありのままの状態」で、マンションの売買においては、この現状有姿で引渡すことが原則です。
もちろん、買主に対して契約時に説明や告知をする訳ですが、売却したマンションの室内が汚れていたり、キズ、傷み、使用感などが残っていても、それ自体は違約でもなければ、クレームや損害賠償の対象にもなりません。
従って、売主様としては、売却したマンションからの退去に際して、従来のご自宅に対する修繕等の「投資」をする必然性はございません。

売主として留意したいこと

瑕疵担保責任(契約不適合)
中古住宅の場合、売却に出した時点では売主がその物件にまだ居住中だったり、住んではいないものの大量の荷物がまだ置き放しになっていたりというケースが珍しくありません。
従って、買主が検討のために内見にお邪魔した際にも、生活感に溢れた状態であることがざらです。
別に、売主が居住中であることが悪いという意味ではありませんが、売主としては、買主の購入意欲を削ぐような対応は決してすべきではありません。
売却仲介を委託した不動産店と一緒になって、買主に気に入っていただけるように協力する必要があります。

買主の立場からすれば、マンションや住宅を購入するということは、1つの夢の実現です。
誰だって、汚れていたり散らかっていたり傷みが激しいお部屋より、きれいに片付いて管理が行き届いたお部屋に好印象を持つのは当然です。
実際に、マンション自体は気にいっていたのに、内見したお部屋のお風呂やキッチンなどを不衛生に感じて、購入しなかったお客さまもいらっしゃいます。
売買の場合、売主は引渡時に原状回復や修繕、清掃等の義務を負いませんので、お部屋の中がどのような状態であろうと、買主からクレームを付けられる立場にはありません。
が、買主の心象が悪ければ、売買の話が進みませんし、価格交渉(値下げ)の理由に使われる可能性が非常に高くなります。
もし売主が少しでも高く、早く売却したいなら、買主の立場にたった行動を心がけることを、強くお勧めいたします。