マンションオーナー様だけの味方をお約束!

マンションオーナー様の立場で活動するエージェント

横浜マンションプラザは、マンションオーナー様の立場で、売買の際なら「売る側」だけ、賃貸借の際なら「貸す側」だけに特化して、中古マンションのお取引を承っている珍しい不動産会社です。
だから何?と言われてしまいそうですが、エージェント(代理人)という立場で、少しでも好条件のお取引を目指す仕事をさせていただくうえで、これはとても大事なことだと考えています。

一般的な不動産店は

世の中にある大多数の不動産会社は、不動産の売買なら売主と買主、賃貸借なら貸主と借主、いずれからのご用命でも分け隔てることなく何でも承っています。
これが絶対にけしからんという訳ではありませんが、よくよく考えてみると、ちょっと不安に感じてしまいます。
例えば売買の場合、売主は少しでも高く売りたいと思い、買主は少しでも安く買いたいと思う。
当たり前ですが、両者の利害関係は永遠に真逆、つまり対立します。
ところが、1つの不動産店がその両者から仲介を承って、双方のエージェントの立場で売買を進めようとしたら、どんなことがおきるでしょうか?
簡単に言えば、不動産店自身が「利益相反」の状態を、自らの中に抱え込んでしまうことになります。
これは、程度差こそあれ、賃貸借でも「貸主」と「借主」の立場を両方とも受けてしまえば、同じことが言えます。
もちろん、多くの良心的な不動産店は、このような状態になっても、相場感をみたりや双方の要望を調整するなどしていい塩梅に落ち着くようコーディネートに努めるはずです。
ただ、ここには本質的な無理があることは否めません。
日本では、利害関係が対立する立場の売主と買主の双方から仲介を受けることが容認されていますが、諸外国では双方のエージェントになることは法律で禁止されていたりします。
特に交渉をすることが日常的なアメリカなら、スポーツ選手の移籍交渉などを含めて、1人のエージェントが利害が対立する立場にある両者から交渉を引き受けるなどあり得ない、という感覚ではないでしょうか。

悪質な不動産店だと

不動産取引(仲介)の制度に問題があるとは言え、ほとんどの不動産会社はそれでも倫理を重んじて取引を進めようとしていると思います。
ただ問題は、世の中にはそのような良心的な不動産店ばかりではなく、困った不動産店もあるという事実です。
売主と買主の双方から媒介契約を結んでいただくと、ご成約時には双方から仲介手数料をいただくことができます。これを業界では「両手仲介」といい、不動産会社にしてみると売上が2倍になる「おいしい取引」になります。
結果的にお取引がこのようなかたちになることは時々ありますが、中には意図してこれを狙う不動産会社もいるようです。
本来なら、売却をご依頼いただいたら少しでも早く高額での取引を目指すのがエージェントの役割ですが、このような不動産会社は自社で買主を獲得することを最優先するため、時間が掛かったり、価格を引き下げることを厭いません。
売却を依頼したお客さまには見えにくいところで、損害を生じさせてしまうことになってしまうのです。
両手仲介は、不動産店にとっては確かに魅力的ですが、お客さまにとっては大迷惑ということを、忘れてはならないでしょう。

当店はマンションオーナー様の味方をお約束します

売買でも賃貸借でも、当店は、このような利益相反や両手仲介のリスクを根本的に排除するため、売主や貸主の立場、つまりマンションオーナー様の立場にしか立たないことを宣言しています。
また、もっと現実的な観点として、超大手でない限り、どのような不動産会社にも得意分野がありますので、業界内で分業できることがベターであると考えております。

高く売る・高く貸すことに特化

当社では、マンションの売却仲介のご依頼を受けた場合、自社としての売却営業に加えて、他社からの買主の紹介を重視しています。
言うまでもなく、自社だけの営業より、世の中のあらゆる不動産会社で営業してもらった方が、幅広く買主候補に物件情報を行き渡らせることができるからです。
物件情報は、売主さまの反対がない限りできるだけ開示し、他社からの買主の紹介や営業活動を一切妨げません。
しばしば他社から「インターネットやチラシに物件情報を掲載してもいいですか?」という問合せをいただきますが、基本的にはてすべて承諾しています。
マンションをお貸し出しになる場合の営業姿勢も、まったく同じことが言えます。
このようなポジションに立つことで、当店は買主や借主の立場にはあえて関与せずに、少しでも高く売ること・貸すことだけに集中して営業することができています。

広く浅くより狭く深く

一言で「マンション売買」と言っても、売却側のお客様への対応と購入側のお客様への対応は、まったく異なります。

まず購入側で言えば、購入する物件は一定の条件の範囲内で選ぶわけですから、選択肢は多い方がベターです。また、相場より安めだったり条件がいい物件は人気があり争奪戦になるため、最新の売り出し情報を常に監視しておく必要があります。そのうえで購入検討のお客様が気に入った物件に当るまで内見していただき、最後は購入可能な諸条件をお聞きして売主側に交渉、という流れです。
従って、買主側の不動産エージェントは、まずは幅広く最新の情報を集めることが重要で、逆に、それぞれの物件のことを最初から熟知しておく必要性は必ずしもありません。
お客様を内見にご案内する時に自身もはじめて現物を見る、ということが一般的であり、これは責められることではありません。
つまり、物件への関わり方は広く浅く、というスタンスが求められます。

一方で売却側は、当然ながら、最初から対象物件がピンポイントで決まっています。
売却側のお客さまのエージェントとしてまず必要なことは、その物件をきっちり調べて間違った情報を発信しないように留意し、相場などに基づく売り出し価格を提示することです。
従って、近隣の参考事例や周辺環境などを調査することを含めて、対象物件を深掘りすることと、競合する物件より優れたポイントのアピールにエネルギーを注力します。
つまり、物件への関わり方は狭く深く、というスタンスです。

テレビCMなどでお馴染みの超大手の不動産会社を除いて、大多数の不動産会社には得意分野があります。
売買が得意なところもあれば、賃貸が得意なところもあります。また、売買でも「購入」の対応が得意か「売却」の対応が得意かは分かれるところです。
当社は、ずばり、ご売却及び貸し出しのお取扱いを得意としており、これに特化して仲介を承っています。
マンションオーナー様のお話をますはじっくりお聞きして、買い替え、売却、賃貸などの何がベストかご提案いたしますし、お客さまの状況によっては現状維持をお勧めする場合もございます。
マンションオーナー様のお取引なら、オーナー様のメリットの最大化を目指す、専門性の高い不動産店にぜひご相談ください。

ハリネズミ